ゲイバー -シンガポール

Tantric(タントリック)シンガポール・ゲイバーの詳細・レビュー・口コミ

Tantric(タントリック)とは

Tantric(タントリック)は、シンガポールのチャイナタウンにあるゲイバーです。金曜と土曜の夜にパーティーボーイが行われ、景色・音・リーズナブルな価格のドリンクを提供しています。屋外の中庭と屋内バーでお酒を飲むこともできます。

ハンサムなゲイと出会える場所としても人気です。週末になると混雑するので、早めの来店をおすすめします。午後20時にオープンし、スタッフもフレンドリーでアットホームな雰囲気です。

14年以上の歴史があり、シンガポールでもっとも人気の目的地の1つです。週末になると大勢の人が集まり、明るいポップミュージックのミックスを楽しみながら交流できます。

平日はフレンドリーなリラクゼーションストップになり、友人とのキャッチアップにも最適です。居心地のいいソファでまったり会話を楽しむことや、ゆったりお酒を飲めます。

客層 幅広い客層でゲイだけでなくノンケや女性も多く利用しています。週末になると外国人観光客の姿も見かけます。
料金
住所 80 Neil Road, Singapore 088842
アクセス MRT NE線Chinatown(チャイナタウン)駅A出口から徒歩約10分のところにあります。Neil Rdに面したところにあります。
営業時間
公式サイト https://www.homeofthebluespin.com/ https://www.facebook.com/TantricBarSingapore/
電話番号 +65 9827 4846

Tantric(タントリック)のレビュー・体験 

金曜の夜に行ってきました。思っている以上に混雑していましたが、空いている席があったので通してもらいました。周囲を見渡すとグループでわいわい騒いでいる感じの人が多く、1人だと少し浮いてしまうと感じるかもしれません。

ただ、スタッフの方がフレンドリーで話し相手になってくれます。夜の遅い時間になってくるとみんなのテンションも上がってきて、グループ同士や1人同士のペアなども増えてきます。

アルコールは日本のお酒に比べると金額が少し高めですが、ピザなどのフードメニューを頼むこともできます。お店の中が迷路のようになっているエリアがあり、そこで相手を探している人もいました。ゲイオンリーのバーではないため、ノンケや女性も多く利用していました。いろいろな交流ができて楽しいゲイバーでした。

みんなの口コミ

レビュー数 0
5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

  • 当サイトに掲載されている画像などの著作権は各権利者に帰属します。
  • 価格が記載されている場合は、記事配信日時点での税込価格です。
  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。詳細については各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
RELATED POST